更年期障害の原因や症状は何か

女性が必ず通る道は更年期です。個人差もありますが、少なくない人たちが更年期障害に悩まされるようです。とはいえ更年期障害とは、どのような状態なのでしょうか。まずは正しい知識を身につけましょう。

原因は閉経です

女性の身体は月経周期として現れるように、一定期間の中でホルモン分泌量に大きな変化が起きます。とはいえ閉経すると、主にエストロゲンの分泌量が急減します。これは卵巣の機能が衰えるためです。
脳としては、身体の女性性を維持したいので、何とかエストロゲンの分泌を促します。しかし卵巣は閉店状態です。もう働きたくありません。そこで両者の争いが生じます。これが激しくなった状態が、いわゆる更年期障害です。

主な症状はほてりやのぼせです

更年期障害の際に現れる主な症状は、体温調整機能が上手く働かなくなることによるのぼせやほてりです。冬でも大量の汗をかいたり、夏でも冷え性に悩まされることがあります。
一方で脈が速まったり動悸が起きるなどの循環器系症状も現れます。リンパや血液の流れが悪くなり顔や足がむくみます。
自律神経系が乱れるのでイライラしたり、逆に不安感を覚えます。そこから精神的に落ち込む、睡眠障害、意欲の低下、最悪の場合はうつ病に至ることも稀ではないようです。

ウォーキングなどがすすめです

更年期障害が重症化すると、ホルモン剤などによる治療が必要となりますが、軽度であれば、規則正しい生活をすることも有効です。
身体がだるいからといって横にばかりなっていると、さらに状態は悪化します。ウォーキングなどの軽い運動をしたり、食事の栄養バランスを見直してみましょう。それだけで改善することも少なくないようです。

変に心配しない方がよさそうです

更年期障害は、誰でも起きる可能性がありますが、変に心配する必要はありません。知識を持って堂々としていましょう。すると意外にも、軽くなってしまうことが珍しくありません。

関連する記事

    None Found

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP