更年期障害が悪化しにくい人の特徴とは

人間は男女差よりも、個人差の方が大きく表れるようです。更年期障害に関しては顕著とも言えます。そこで更年期障害が悪化しにくい人の特徴について考えてみましょう。それが予防や治療に関係してくるからです。

仕事をしている女性

仕事をしていて更年期障害になると最悪ですね。とはいえ専業主婦よりも外で仕事をしている人の方が、更年期障害になりにくいというデータがあるようです。
もちろん仕事上のストレスはありますが、何か気を紛らわすことがある、忙しくしている、規則正しい生活になっている、などの理由から自律神経系が乱れにくいようです。
なお女性の場合は同僚と愚痴を言い合うことがストレス解消に役立っているとも考えられています。体調が悪いからといって、家にとじこもっていると良くないみたいです。

楽観的な人

病は気からとも言います。まさしく楽観的な人も、更年期障害に罹りにくいようです。つまり心配性であったり精神的に落ち着かないと、それが原因で自律神経系が乱れます。
言い換えるとストレスを溜め込んでしまう人は、それだけでも体調を崩してしまいがちです。それに加齢が重なると、自分では対処できなくなってしまいます。
それでも楽観的に、思考回路を変えることで、不思議と身体の動きも変わってくれます。ありえない、そう思う人ほど、偏見に囚われ、暗示にかかっていますよ。

病気を受け入れる人

これも心理的な要因でしょうが、更年期障害を素直に受け入れる人も、症状が軽くなるようです。自分は病気であると認めることから治療は始まります。
またホルモン剤による治療もためらうことなく選択肢のひとつと捉える人も悪化しにくいようです。

正面から向き合いましょう

更年期障害は誰でも罹りうる病気です。だからこそ恐れたり避けることなく、正面から向き合ってみましょう。ちょっとした心の持ち方だけで、症状を緩和させることができますよ。

関連する記事

    None Found

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP