若年性更年期障害の原因は無理なダイエットかも

更年期障害は中高年だけが罹る病気ではありません。もちろん多くの場合は50歳以上です。しかし20歳代でも更年期障害と似た症状を示す人が増えています。これを若年性更年期障害と呼んでいます。

月経不順が続くときは注意しましょう

更年期障害とは、ホルモンバランスが乱れることにより自律神経系が正常に働かなくなることです。つまり若くても月経不順が続いていたり無月経期間が長かったりすると、いわゆる更年期障害のような症状が現れます。
一年以上月経がないと、医学的には閉経とみなされます。そのため40歳代でも既に閉経となるケースが昨今は増えています。ならば30歳代で更年期障害が現れても不思議ではありません。

原因は無理なダイエットかも

若年性更年期障害の患者さんが増えている原因として、無理な絶食系ダイエットがあると指摘されています。つまり栄養バランスが悪いため生殖器官が十分に発達できず、ホルモンが正常に分泌できなくなります。
一方でアスリートなど激しい運動を続ける人たちの中にも、若年性更年期障害が現れています。何事も過剰になってはいけないのです。バランスこそ、人体を維持する上で不可欠なことです。

生活習慣を改善しましょう

若年性更年期障害も中高年のケースと同様にホルモン剤を使った治療が行われます。とはいえその前に生活改善が不可欠です。そこを正さないと、治るものも治りません。ダイエットと同じくリバウンド、繰り返すことが稀ではないからです。
仕事のストレスなどが原因となり発症しているケースもあります。趣味を見つけるなどリラックスした時間や空間を確保するだけで、症状が緩和されることもあるようです。

早めに受診しましょう

月経不順が続く場合には、早めに婦人科で相談しましょう。自覚のないまま更年期障害となっている可能性も否めません。気づいたら閉経していることも稀ではないようです。

関連する記事

    None Found

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP