更年期障害の治療にはホルモン剤を使います

予防に勝る治療法はありません。つまり更年期障害対策は先手必勝です。罹ると考えて、様々な方法にチャレンジしましょう。とはいえ発症してしまったらどうするか。素直にお医者さんと相談しましょう。例えば更年期障害の治療にはホルモン剤が使われます。

ホルモン剤は身体へ負担を与えないために使います

更年期障害の原因は、ホルモン分泌量が急激に減少することです。もちろん加齢に伴う症状なので、身体に逆行することは避けるべきでしょう。とはいえ適量のホルモン剤を使用することで急変を避けられます。
例えば崖から飛び降りると、怪我をしますね。しかし緩やかな坂道を利用すれば、無理なく下っていけます。ホルモン剤は、坂道と同じです。体内におけるホルモン量の低下傾向を緩和させるため、身体に負担を与えずに済むのです。

ホルモン剤は危なくないですよ

ホルモン剤は危ないと考える人がいるようです。もちろん乳がんや子宮がんなどを促す、悪化させる事例があります。またアトピー性皮膚炎で利用するステロイドホルモンに対するイメージもありそうです。
とはいえ医師の指示に従い適正に使用するならば、危険なことはありません。正しく使ってみれば、ホルモン剤の有効性が理解できるでしょう。副作用が起きる大きな原因は、適量を適切に適用しないことだからです。

ためらわずに使ってみましょう

ホルモン剤は最後の手段とも言えます。できる限り使用しない方がベストです。例えば生活習慣を改善する、適度な運動をする、リラックスしてストレス解消をするなどが求められます。
一方で医師からホルモン剤をすすめられたなら、ためらうことなく使ってみましょう。意外なほど身体が楽になります。拒んでいた自分がばからしく思えますよ。

選択肢を狭めてはいけません

ホルモン剤の使用が更年期障害治療の第一選択ではありません。生活習慣の改善が先に求められるべきです。とはいえ選択肢を狭めてはいけません。最後にホルモン剤があると考えれば、安心できるはずです。

関連する記事

    None Found

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP